【絵本】みちゃぬふい

てぃんがまシリーズ1「みちゃぬふい」
これは沖永良部語上平川方言(ひょーむに)の絵本です。
母語話者である作者の松村雪枝が、昭和38年~39年当時小学1年生だった自身をモデルに、子供の落書きのように自由な精神で生み出した創作作品「てぃんがまシリーズ」の第1作目です。

上平川のことばで、「ひょー」は上平川集落を、「むに」はことばを意味します。
タイトルのひょーむに「みちゃぬふい」は日本語では「土の声」という意味です。

ことばの解説・朗読音声CDつき

¥ 2,700

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料360円が掛かります。

通報する